2010年01月21日

首相と自民総裁が直接対決へ=21日から衆院予算委(時事通信)

 民主、自民両党は20日午後、衆院予算委員会の筆頭理事による協議を行い、2009年度第2次補正予算案について、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席する基本的質疑を21、22両日、総括質疑を25日に実施することで合意した。
 自民党は谷垣禎一総裁が質問一番手に立つ。谷垣氏は、首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題を徹底追及する方針で、与野党の論戦が「党首対決」により本格化する。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

パロマCO中毒判決は5月11日 元社長ら改めて無罪主張し結審(産経新聞)
京都駅近くのホテル 硫化水素自殺図る? 男性が重体(産経新聞)
温暖化対策 気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
<陸山会土地取引>小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」(毎日新聞)
小沢氏の説明不十分、対応は擁護…鳩山首相(読売新聞)
posted by cog7cp2ysv at 03:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。