2010年03月18日

50歳女性、自宅で刺され死亡…夫と連絡取れず(読売新聞)

 12日午前1時頃、大分県別府市北鉄輪の無職栗原勇さん(54)方で、玄関に血痕があるのを帰宅した栗原さんの娘(23)が見つけ、県警別府署に届け出た。

 同署員が駆けつけたところ、居間で栗原さんの妻、ひろみさん(50)があおむけに倒れ、死亡しているのを発見。上半身に複数の刺し傷があり、殺人事件として捜査を始めた。

 発表によると、栗原さん宅は3人暮らし。遺体発見後、勇さんと連絡が取れず、県警が行方を捜している。

 現場は大分自動車道別府インターチェンジから北東約3キロの住宅地。

短時間正職員制度、看護職の認知度4割弱(医療介護CBニュース)
幻冬舎元局長、懲役4年判決 横領事件、東京地裁(産経新聞)
首相動静(3月9日)(時事通信)
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相 (産経新聞)
強盗殺人、起訴内容認める=裁判員1人を解任−長野地裁(時事通信)
posted by cog7cp2ysv at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。